「食べるビタミンD」SUN+d

食べるビタミンD

本史上初*
フェムテック 栄養機能食品

働く女性は疲労がとれなかったり、気分の浮き沈みが激しい日も少なくないはず。
でもそんな女性特有の健康障害は周りからなかなか分かってもらえません。
心と身体、そしてお肌のウェルビーイングは1日の必要な栄養をしっかり摂取し、
身体機能とホルモンバランスを整えることから始まります。

SUN+D(サンディ)は、現代女性が不足がちなビタミンDをはじめ、
ビタミンC,E,ポリフェノール、マグネシウム、亜鉛など豊富に含み、
美味しい太陽の恵みのクリーミーなひまわり種アーモンドペースト。
毎日忙しいあなたを内側から外側へと輝かせます。

*自社調べ

食べるビタミンD
本史上初*
フェムテック 栄養機能食品

働く女性は疲労がとれなかったり、
気分の浮き沈みが激しい日も少なくないはず。
でもそんな女性特有の健康障害は
周りからなかなか分かってもらえません。

心と身体、そしてお肌のウェルビーイングは
1日の必要な栄養をしっかり摂取し、
身体機能とホルモンバランスを
整えることから始まります。

SUN+D(サンディ)は、
現代女性が不足がちなビタミンDをはじめ、
ビタミンC,E,ポリフェノール、
マグネシウム、亜鉛など豊富に含み、
美味しい太陽の恵みのクリーミーな
ひまわり種アーモンドペースト。

毎日忙しいあなたを
内側から外側へと輝かせます。

*自社調べ

一食あたり(20g)

 

【栄養機能食品】
ビタミンC・ビタミンE


ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。

ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。


本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。

一日の摂取目安量を守ってください。乳幼児・小児は本品の摂取を避けてください。


マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、タンパク質、ナイアシン(B3)、B1、B2、B6を豊富に配合。

who knew health could
taste this good

who knew health could taste this good

who knew health
could taste this good

"Lorem ipsum dolor sit amet, pro petentium consulatu cu, etiam numquam scriptorem sed ei. Mel labitur facilisi praesent ut, an brute facilisis has. an brute facilisis has. an brute facilisis hasan brute facilisis has. an brute facilisis has"

Testimonial 1

"Lorem ipsum dolor sit amet, pro petentium consulatu cu, etiam numquam scriptorem sed ei. Mel labitur facilisi praesent ut, an brute facilisis has. an brute facilisis has. an brute facilisis hasan brute facilisis has. an brute facilisis has"

Testimonial 1

"Lorem ipsum dolor sit amet, pro petentium consulatu cu, etiam numquam scriptorem sed ei. Mel labitur facilisi praesent ut, an brute facilisis has. an brute facilisis has. an brute facilisis hasan brute facilisis has. an brute facilisis has"

Testimonial 1

key ingredients


ひまわりの種と
アーモンドペースト
ミネラル、ビタミンE、アミノ酸を豊富に配合。ナッツペーストは健康な油分で、体内への有効成分吸収率を高める働きが期待されます。健康と美容には欠かせないスーパーフード。

植物性ビタミンD3
アルジア

ビタミンD3は食料源から入手することが難しいため、ほとんどのビタミンD3サプリメントは動物由来の成分を使用していますが、私たちのこの商品は、100%植物(海藻)由来成分を使用しています。

カカドゥプラム
オーストラリア産の美しくユニークなフルーツで、果物の中でも最も豊富にビタミンCを含んでいるといわれています。さらに、肌の健康に効果的なポリフェノール「エラグ酸」も豊富に含んでいます。

ロータス胚芽エキス
蓮は過酷な条件でも成長し、美しい花を開花させる能力で知られています。私たちの健康な肌のターンオーバーサイクルに欠かせない成分です。

シャンペン
ブドウ種子エキス

フランスで生産収集されたシャンペンのの種子はボリフェノール豊富に含まれています。ポリフェノールは優れた抗酸化作用が期待できます。

REAL FOOD(リアルフード)
健康と美しさの鍵
リアルフード(本物の食べ物)を食べることはサプリメントを摂るより必要な栄養素が身体に吸収すると証明されています。だからこそSUN+dは身体に有効成分と栄養素が吸収しやすいリアルフードのカタチであり、サプリメントと違い、美味しく幸せを感じるひとときを提供します。

身体に嬉しい良質の脂質

ナッツやシードの脂質は身体にいいと言われています。それは「バイオアベイラビリティ」で計られます。「バイオアベイラビリティ」とは体内に吸収される有効成分の割合や量を指します。
アーモンドやひまわりの種は良質な脂質により、摂取することでサプリメントや栄養ドリンクと比べて体内への有効成分の吸収が高いことが証明されています。一般的なサプリメントは摂取しても、体内システムから流れてしまいがちです。そのためサプリメントは食間、食後に摂取する必要があります。
それであれば、REAL FOOD(リアルフード)のカタチでしっかり栄養を身体に届けられればベストですよね。

私たちの太陽との関係の変化

ビタミンD3 は私たちの健康を改善し、肌の健康をサポートすることが長い間、証明されてきました。また、研究では野菜や果物の日光量が増えることでポリフェノール数が大幅に増えることがわかっています。しかし、現実私たちは、ほぼ90%の時間を室内で過ごし、また私たちが食べる野菜は青い時に収穫されてしまいます。その結果大半の私たちはビタミンDとポリフェノール不足というわけです。

地中海や沖縄に住む人たちが長寿で元気な秘訣も太陽と食の関係性が大きく関係しているはずです。

88%の女性がビタミンD不足!厚生労働省データに基づき (1)

ビタミンD3 は私たちの健康を改善し、肌の健康をサポートするのに不可欠な栄養素です。太陽からもらえるビタミンDですが私たちは平均90%の時間を室内で過ごしまていると言われています。(2)また外出する際は皮膚を紫外線から守るため日焼け止め(UV)を塗る必要があります。それによりSPF30の日焼け止め使用でビタミンDの合成量が5%以下になると環境省が発表しています。

よって本来太陽からもらえるビタミンDは私たちの体内に届きにくくなっているのが現状です。

ビタミンDが私たちに大切な理由も 厚労省によると以下のような記述があります。(2)
ビタミンDは、身体が食料品やサプリメントからカルシウム(骨の主要成分のひとつ)を吸収するのを助けることによって、強い骨を維持します。ビタミンDの摂取が少なすぎる人は、骨が軟化し、細くなり、脆くなる病気を発症するおそれがあります。

ビタミンDは、その他多くの意味において身体にとって重要な栄養素です。たとえば、筋肉を動かすため、神経が脳と身体のあらゆる部位との間のメッセージを伝達するため、免疫系が体内に侵入してくる細菌やウイルスを撃退するために不可欠です。

  1. 厚生労働省の「平成30年国民健康・栄養調査」によれば Link
  2. 厚生労働省『「統合医療」Link

Doctor Viewpoints

"Lorem ipsum dolor sit amet, pro petentium consulatu cu, etiam numquam scriptorem sed ei. Mel labitur facilisi praesent ut, an brute facilisis has. an brute facilisis has. an brute facilisis hasan brute facilisis has. an brute facilisis has"

Testimonial 1

"Lorem ipsum dolor sit amet, pro petentium consulatu cu, etiam numquam scriptorem sed ei. Mel labitur facilisi praesent ut, an brute facilisis has. an brute facilisis has. an brute facilisis hasan brute facilisis has. an brute facilisis has"

Testimonial 1

"Lorem ipsum dolor sit amet, pro petentium consulatu cu, etiam numquam scriptorem sed ei. Mel labitur facilisi praesent ut, an brute facilisis has. an brute facilisis has. an brute facilisis hasan brute facilisis has. an brute facilisis has"

Testimonial 1

1日のポリフェノール推奨量に対し平均⅓ 不足

現在、ポリフェノールをどれくらい摂取すべきか、厚生労働省が定める 「日本人の食事摂取基準(2017年版)」のなかで、1日の推奨摂取量は 定められていません。 しかし、血中脂質の酸化や疫学調査における生活習慣病リスクの低減 効果を踏まえると、理想的な目安は1日1000~1500mg以上と考えられています。

しかし、私たちが一日摂取しているポリフェノールは平均 800-900 mgと言われています。

ポリフェノールは全ての野菜(植物)に存在し、野菜(植物)が太陽にあたることでそのポリフェノール数が増加されると言われています。しかし私たちが食べる野菜は青い時に収穫されてしまいます。その結果大半の野菜から本来摂取できるポリフェノールが摂取できていないということになります。

相乗効果で生まれる
本当に美しさ

外側の美しさは内側の健康とメンタルのあり方で決まります。そして、その本当の美しさを表現する一部が私たちの素肌です。素肌は正直で、私たちを表現する一枚の服のように私たちの内側で起こっている事を表します。肌のコンディションは外からのストレスだけでなく、内側のストレス、健康状態で変動します。

メンタルヘルスを整え、
健康で美しい素肌へ

いつまでも若々しい素肌であるためにコーラーゲンなどを摂取している方も多いかと思います。しかし、肌悩みは根本の問題を解決しないことには改善しません。その根本の問題はストレスマネージメントです。肌は正直です。内部および外部のストレスを即時に感知します。そしてそのストレスが皮膚肥満細胞を活性化し、ストレスホルモンや炎症性因子を産生し、メンタル、身体、肌の悪循環サイクルを引き起こす可能性があると言われています。

この根本の問題解決をするには私たちのトータル ウエルビーイングに着目する必要があります。そして、私たちのトータル ウエルビーイングにビタミンD、ミネラル、ポリフェノールが欠かせない栄養素として存在します。

Spread some Sunshine

毎日、美味しい
太陽の恵み

食べよう!

クリーミーで美味しいココア味のひまわりの種&アーモンドペーストは色んな食べ方でお楽しみいただけます!スプーンでそのまま、はもちろん、トーストに塗っても、バナナや果物に付けてもスムージーとして混ぜても。レシピは無限大!

朝ごはんにプラスはもちろん、午後のティータイムのおやつにもピッタリ。

レシピはレナジャポンのInstagramをフォローしてチェック♪

"Lorem ipsum dolor sit amet, pro petentium consulatu cu, etiam numquam scriptorem sed ei. Mel labitur facilisi praesent ut, an brute facilisis has. an brute facilisis has. an brute facilisis hasan brute facilisis has. an brute facilisis has"

Testimonial 1

"Lorem ipsum dolor sit amet, pro petentium consulatu cu, etiam numquam scriptorem sed ei. Mel labitur facilisi praesent ut, an brute facilisis has. an brute facilisis has. an brute facilisis hasan brute facilisis has. an brute facilisis has"

Testimonial 1

"Lorem ipsum dolor sit amet, pro petentium consulatu cu, etiam numquam scriptorem sed ei. Mel labitur facilisi praesent ut, an brute facilisis has. an brute facilisis has. an brute facilisis hasan brute facilisis has. an brute facilisis has"

Testimonial 1

ビタミンDの働き

人にとって重要なビタミンDはD2D3の2つです。D2D3の働きは同じといわれていますが、最近ではビタミンD3の方がD2よりも2倍働きがあると言われています。また、年齢とともに体内の合成力も低下するので、積極的な補給が必要です。(1)

  1. 厚生労働省『「統合医療」に係る 情報発信等推進事業』Link

 

骨を作る2つのミネラルの吸収に関わっているビタミンD

骨が衰え健康が崩れると骨軟化症と骨粗しょう症という2つの大きな症状が現れます。

骨軟化症は、その名のとおり骨が柔らかくなる症状です。小児の場合は、くる病と呼ばれます。骨軟化症およびくる病では、骨の石灰化が妨げられます。
骨の石灰化とは、血中のカルシウム・リンを吸収して骨を固く丈夫にする仕組みです。ビタミンDはカルシウム・リンを吸収し、骨を石灰化する働きがあると言われています。

骨粗しょう症は骨の密度が低くなり、骨の中がスカスカになる状態です。特に高齢者に多く見られます。骨粗しょう症は、骨代謝のバランスが崩れることで起こります。骨代謝とは、古い骨を壊し、新しい骨に作り替える仕組みのことです。
骨代謝が円滑に行われるには、十分なカルシウムとリンが必要です。
(1)

更年期障害 (2)
女性ホルモン・エストロゲンには、骨の形成を促し、骨からカルシウムが溶け出すのを抑える働きがあります。ところが40代以降になると、それまで骨を守っていたエストロゲンの分泌量が減少するため骨粗しょう症になりやすくなってしまいます。
頭蓋骨の骨量も減るため、頭皮が緩んでシワやたるみの原因になるとも言われています。

1:  厚生労働省 Link
2: 厚生労働省 Link

良好なメンタルヘルス

ビタミンDは炎症を抑えるだけでなく、細胞増殖 、神経筋機能 、免疫機能、グルコース代謝などのプロセスを調節するなど、体内での他の役割を持っています。(1)

また、ビタミンDはさまざまな脳内プロセスに関与しており、うつ病の病態生理に関与していると考えられている脳の神経細胞やグリア(神経膠細胞)にはビタミンD受容体が存在していると言われています。
ビタミンDが不足すると、イライラしやすくなります。
その原因として、脳の神経伝達のトラブルが挙げられます。
ビタミンDは脳神経細胞の保護などの役割もあります。
そのため、ビタミンDが不足すると脳神経細胞の働きに支障が出やすくなります。

脳の神経伝達の乱れは、情緒不安定を招き、結果としてイライラなどの症状のほか、うつ症状などが出ることもあると言われています。

  1. 厚生労働省『「統合医療」に係る 情報発信等推進事業』Link 

 

 

other key functions

主な機能栄養素

ポリフェノールは赤ワインやコーヒーなど多くの食品に含まれ、身体に良いものとされています。

ポリフェノールにはさまざまな健康効果や美容効果が知られていますが、効果は種類によって異なります。最も有名なものは抗酸化作用です。抗酸化とは身体に有害な「活性酸素」を取り除く作用のことです。SUN+dはフランスからの高品質のシャンパングレープシードエキスとハス胚芽エキスからのポリフェノールを配合しています。

ミネラルは、血液の赤血球や骨などのように、体を構成するだけでなく、体の機能を維持したり調節したりするのにも重要な役割を担っています。ひまわりの種とアーモンドは自然界の中でも最もと言って良いほど豊富にミネラルを含んでいるスーパーフード。またマグネシウム、亜鉛、鉄、銅も豊富に含まれています。

ビタミンCは、体内の酸化還元反応に広く(脂質代謝やホルモンの生成など), 関わるほかに、コラーゲンの生成、植物性食品からの鉄の吸収を助ける働きをします。

15歳以上で1日に必要なビタミンCは100mg。 オーストラリアからの貴重で珍しいフルーツ、カカドゥプラムは他の果物や野菜に比べて最もビタミンCが豊富に含まれていると言われています。

ビタミンEは強い抗酸化作用を持つ脂溶性のビタミンで、体内の脂質の酸化を防ぎます。アーモンドは豊富にビタミンEが含まれています。

アミノ酸はタンパク質を作るだけでなく他のさまざまな働きも担っています。お肌の健康にはアミノ酸は必須です。

他の植物に比べても、ひまわり種は豊富にアミノ酸を含んでいます。また体内で生成できない、幸せホルモン セロトニンを増やすトリプトファンも豊富に含まれます。

良質な植物性脂はオメガ3が豊富に含まれており、身体と脳へのエネルギーとして重要な役目をしてくれます。

「食べるビタミンD」SUN+d(サンディ)
開発ストーリー

家事、育児、仕事と女性はいつの時代もとても忙しく過ごしています。私がかつてそうであったように、母になった娘レナも同じでした。ボストンからデンマーク生まれのフレデリックと幼い娘モナとともに日本に戻り、
仕事を始めて2年が過ぎる頃、生き生きと美しかったレナの姿に変化がでてきました。

その疲れきった様子に触れるたび、私は、母としてできることは何だろうと考えるようになったのです。
(おいしいものを全国からお取り寄せしたり、気晴らしに連れ出したりはしましたが、根本的な解決にはなりませんでした。)

そこで、何かいいアイデアはないかと、デンマーク出身のフードクリエイターでレナの夫であるフレデリックに相談してみました。「ひょっとしたら、ビタミンD不足かもしれません」食の専門家であるフレデリックの答えにびっくりです。「昨今はビタミンD不足がいろいろなトラブルの原因になっているのです。私たち自身、太陽に当たる時間が短くなっているだけでなく、大事な栄養源である野菜も太陽不足のまま出荷されることが多くなっていますから。」と続きました。
ビタミンDを食べることができたら、突然にみんなの心に閃きました。
「食べるビタミンD」を開発しよう。
これであれば、毎日の食卓で楽しく、健康に食べて、体の内側から元気になれるかもしれない。こうやって、専門家であるフレデリックを中心に新製品の開発が始まったのです。

忙しい女性のお悩みを解決し、日本女性が自分らしく元気に輝いてほしい!そんな想いでSUN+dは生まれました!

SUN+dに秘められた意味

1) SUN+ビタミンDの力

2) デンマーク語の「SUND
 
は健康を意味します

 


食べるビタミンD SUN+d
太陽の恵みのクリーミーなナッツ&シードペーストが毎日忙しいあなたを内側から外側へと輝かせます。ビタミンD不足がもたらす、現代人の美容、健康問題を食生活から解決していきます。

 

1000 IU
250 mg
35 mg
5 mg
45 mg
16 x 

ビタミンD3 (25ug)
ポリフェノール
ビタミンC ( 33%) 
ビタミンE  (80%)
マグネシウム (14%)
アミノ酸 

保健機能食品
ビタミンC・ビタミンE

ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康 維持を助けるとともに、抗酸化作 用を持つ栄養素です。 

ビタミンEは、抗酸化作用により、 体内の脂質を酸化から守り、細胞 の健康維持を助ける栄養素です。

本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
一日の摂取目安量を守ってください。乳幼児・小児は本品の摂取を避けてください。

1日の一食あたり摂取量


一日、スプーン大さじ1(20g)をお好みの食べ方でお召し上がりください。
1日をスタートさせる朝の摂取をお勧めしていますが、お好きな時間にお楽しみください。

また毎日摂取していただくとより効果を実感していただけます。

 

ビタミンD 摂取量

 

日本人の食事摂取基準(2020年版)では1日の摂取の目安量が、18歳以上の男女ともに8.5㎍(マイクログラム)、耐用上限量が100㎍と設定されています。

厚労省によると、ビタミンDの安全な上限は、幼児であれば1日当たり1,0001,500 IU18歳の小児であれば1日当たり2,5003,000 IU9歳以上の小児、成人、妊娠中あるいは授乳中の女性(十代女性を含む)であれば1日当たり4,000 IUと指定されています。なお、国際基準のデータによると、毎日1,5002,000IU)ビタミンDを摂取する必要があると示唆されています。(1)

SUN+dは最新の安全性とリサーチを元に1日に必要なビタミン摂取量を設定しています。

ただし、これはあくまでも国が出しているデータであり、体質や使うシーン/体質等の課題感によって必要量は異なると研究者は述べています。

IU(国際単位:International Unit)とは、薬理学で用いられる、生体に対する効力を表す単位のこと。
ビタミンADEなどの脂溶性ビタミンに対して用いられます。

1) Link

 

この商品がおすすめの方


●疲れがとれない、疲れやすい方

●日中のほとんどを室内で過ごしたり、美白のために紫外線を避けている方


●冬になると風邪など体調を崩しやすい方ひきやすい方

●デスクワーク/リモート勤務等で外に出る機会が少ない方

●各種予防や健康管理に関心がある方

●仕事/勉強のパフォーマンスを上げたい方

●気分にムラがある方

●体調不良に不安がある方

●妊活中の方

●更年期の方

●シニアの方

●栄養不足が懸念される方

●骨密度に不安がある方

注意事項


●一日の目安量を守って、お召し上がりください。

●お身体に異常を感じた場合は、摂取を中止してください。

●特定原材料及びそれに準ずるアレルギー物質を対象範囲として表示しています。原材料をご確認の上、食物アレルギーのある方はお召し上がりにならないでください。

●薬を服用中あるいは通院中の方、妊娠中の方は、お医者様にご相談の上お召し上がりください。

●直射日光、高温多湿な場所をさけて保存してください。

●お子様の手の届かないところで保管してください。