Artist Interview Vol.6 mikimikimikky1016.

「あなたのさくら色2021」イラスト部門3位に輝いたmikimikimikky1016.さん。彼女の優しさと強さを兼ね備えた作品たちに心躍らない人はいないはず。

笑顔がとっても素敵なmikimikimikky1016.にお話を聞くことができました!
またmikimikimikky1016.さんの作品もMeet Artistsのページからご覧いただけます。

 


1)今に至るまでの簡単なストーリーを聞かせてください。

ファッション業界で働いていましたが2007年に鬱と診断されてから、仕事をお休みして、時間が有り余っていた時に、水彩色鉛筆を見つけて描き始めたのがキッカケです。

心がネガティヴでどうしようもうない闇の時に、画用紙に自分の内側にあるものを発散させていました。幼少期から絵を描くのが好きだったので、毎日の日課になり、家族の支えもあって鬱は自然と治っていました。

リハビリのように自分の為に描いていた絵も、生きる価値を見出す手段となって私の絵を見た人が 心がほっこりするようなものを 私を支えてくれた人に恩返しがしたいと 作品作りをするようになりました。

 

2)今に至るまでのチャレンジストーリーがあれば聞かせてください。


2018年2月に21世紀美術館で10周年の個展をすると決めていたので、2017年に仕事を辞め、画家1本にすると意気込み、兼ねてから行きたかった海外に行きました。


サファリに生きる動物を描いていることもあり、ケニアに10日間。

一度帰国後に、ニューヨークを描いた作品もあるので、ニューヨークに1ヶ月半ほど住みました。その間ずっと行きたかったメキシコも訪れ、おもちゃ箱をひっくり返したかのようなカラフルな街グアナファトにも。

 

3)アーティスト(画家・イラストレーター)になるきっかけは?

最初は自分が描いた作品をブログにアップするだけだったのですが、クリエイターズマーケットのようなイベントに出してみて、描いた作品のポストカードやポスター、原画売れ、間近でお客様の反応を見れたことや、お声がけしてくださった言葉に勇気づけられました。

4)何かアートを描く上で自分なりのルールはありますか?

●目には魂を入れる!

目が生きてるか死んでるかで作品が決まると思っているので。

 

●モノトーンの絵にもカラーを1色は入れる!

モノクロの絵はシックで素敵なんですけど、闇を知ったせいかモノクロだけの世界は苦手でそこに光を灯したい という意味でもよく黄色を入れています。

 

●見る人がほっこりするもの以外は描かない。

私感ですけど、アートって物議を醸し出しそうな絵や、理解に苦しむものもあって人を不快にするものは描かないが正解でしょうか。

 

 

5)アートを通して何を表現することが多いですか?

動物
圧倒的癒しだからです。

ヒーリング効果。笑

 

6)アートを描く上でどこからインスピレーションをされてますか?

色合い的には何気なく見る写真や、街の色味、ファッション、映画など

 

7)今回、「あなたのさくら色2021」受賞を受けてどんな思いですか?

お客様以外評価をしていただくことはなかったので、プロフェッショナルの方にいただけた言葉は素直に嬉しく思います。

 

 

8)今アーティストとして活躍したいと思って頑張っている方々にアドバイスはありますか?

自分を信じて、描く!

描いたら、発信する!

自ら こういう絵を描いているんだよ!ってあらゆる場でアピールする!

につきます。

どこで自分が求めていた人脈に繋がるかわからないですからね。

今はコロナ渦で出来ませんが、よく飲みに行ってはアピールしていましたね。笑

自分の作品のファイルを作っておくことと、名刺を作っておくこと


Fast Five questions 

1)一番役に立ったアドバイスは?

実際に自分の目で見なさい です。
ケニアやニューヨークに行ったのもその方々の助言があったからです。

 

“本物”を知る は大事です。

自分の五感で感じてインプット、そして作品にアウトプットしていく。

 

2)一番ダメだったアドバイスは?

ダメだったものは記憶から消去されるんでしょうか、、

ダメだったアドバイス、、、 は覚えてません。

 

3)好きな色は?
黄色、緑

 

4)もし世界中人が見るビルボードに自分を表現できるとしたら、何を表現しますか?

苦手とするライブパフォーマンスです。

数時間で描きあげる作品。

私の作品的には時間をかけて色を重ねて製作しているので、

パッパッパ〜と描いて、はい、出来ましたー!って作るパフォーマンスを出来る方を尊敬しています。

ライブパフォーマンスが出来た方が需要もあるし、見ている方が楽しいのも分かっていますが、まだ、あまりチャレンジできていない現実です。

 

5)What's next? (今後の活動など)

今年10月にパリのアートフェア、来年3月にドバイのアートフェアに出展します。

ブースを借りちゃったので、絶対行きたいところではあるんですが、現状コロナさん次第です。

 

国内では、絵本の制作と、11月にイベントをします。

9月10月に地元石川県のイベントにも出ようかとも考えていますが、こちらもコロナさん次第です。


個展も出来たらいいなと思いつつ、コロナ渦でお客様を呼ぶことへの申し訳なさもあり、まだ、企画出来てはいませんが、STAY HOMEで今出来ることをやるしかないですね♪

 

Profile
mikimikimikky1016.
画家 / イラストレーター

石川県出身。一児の母。
文化服装学院を卒業後、アパレル業界で販売、企画、生産を務め、2007 年よりアート活動をスタート。

自由な発想とポップな構図で描く色彩豊かな動物達の絵で注目を集め、絵画、イラストレーション、絵本、パッケージデザインなど、活動は多岐にわたる。また近年、海外へも活動の場を広げている。(2022年3月にドバイのアートフェア出展予定)

 

 

コメントをする

すべてのコメントは公開前に管理されます。