ゆらぎ肌でニキビが!スキンケアで改善しよう

気温の差が激しくなる季節の移り変わりは、ゆらぎ肌のせいでニキビに悩む方が増える時期。
一度できてしまったニキビは治りにくいし、跡が残らないように気を使いますよね。
もしもゆらぎ肌やニキビが気になったら、まずはスキンケアを見直して、お肌の調子を改善しましょう。

このページではゆらぎ肌によってニキビができてしまった方へ、おすすめのスキンケア方法をご紹介。
ぜひ肌荒れを改善して、ウキウキ楽しい毎日を過ごせますように^^

ゆらぎ肌でニキビができる理由

ニキビは生活習慣や食事の栄養バランス、そしてお肌の乾燥などが理由でできてしまいます。
ゆらぎ肌になると、お肌が乾燥しやすくなるため大人ニキビが発生する可能性が増えるのです。

乾燥しているけど肌がべたつく、というのは大人ニキビで悩んでいる人に多い悩みです。
お肌は乾燥すると、皮膚の機能を守るために余計に皮脂を分泌します。
そのため過剰分泌した皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができます。
また乾燥したお肌は、角質が厚くなりゴワゴワと硬いお肌に。
赤ちゃんのお肌がプルプルと柔らかいのは潤って水分をたっぷり含んでいるからなのです。

加齢により乾燥しやすくなるお肌ですが、特に季節の変わり目や、空気自体が乾燥しやすい時期は要注意。
お肌を触ってみて、前よりゴワゴワするかも?と感じたら、うるおい不足なのかもしれません。

紫外線がゆらぎ肌・ニキビに悪影響!

ゆらぎ肌は普段よりも敏感になっています。
そのため紫外線の影響を、より受けやすい状態に。

お肌の皮脂は、紫外線を浴びることで酸化して毛穴を刺激します。
またできてしまったニキビの炎症も加速させるため、症状が悪化することも。
紫外線によってお肌のバリア機能が低下しますが、バリア機能が低下するとさらに紫外線はお肌の内部に入り、より乾燥を引き起こすのです。

ゆらぎ肌でニキビができたときのおすすめのスキンケア

ゆらぎ肌やニキビが気になるときのスキンケアはどのように行ったら良いのか、ご存知ですか?
もしかしたら間違ったスキンケアのせいで、余計に症状を悪化させてしまっている可能性もあります。


ゆらぎ肌は敏感でデリケートな状態になっているので、ぜひ正しいスキンケアで改善を目指しましょう。

・正しい洗顔方法

肌荒れが気になるからと言って、ゴシゴシ強く洗っていませんか?
実は洗顔時にお肌の乾燥を引き起こすような洗い方をしている方が、意外と多いんです。
洗顔こそ顔の保湿をキープし、丁寧に行うべき。
朝と夜の二回の洗顔は、たっぷりの泡で、とことん丁寧に洗ってくださいね。

ゆらぎ肌でニキビが!スキンケアで改善しよう

レナジャポンの洗顔石鹸は肌のうるおいとバリア機能はそのままに、いらない汚れだけを選択して落とす「選択洗浄機能」が特徴です。
洗った瞬間からいつもと違うお肌を実感する、と嬉しいレビューが多数!

・正しい保湿方法

洗顔後すぐにうるおい効果の高い保湿液で保湿しましょう。


まずはたっぷりの保湿液を手のひらを使って、顔全体になじませます。
しっかりとハンドプレスをして、お肌を包み込みように。
決してお肌を摩擦しないように、こすったりパッティングはしないでくださいね。


1回目の保湿が肌になじんだら、2回目の保湿をしましょう。
1回目と同じように、たっぷりの保湿液を手のひらにとり、顔全体になじませます。
手のひらに余った保湿液は首・デコルテにおすそ分けしてくださいね。


乾燥がひどい時期や、お肌の乾燥がきになるときは3回目の保湿するのもおすすめです。
乾燥が気になる部分に少し重ねづけをしてみてください。


レナジャポンの美容化粧液は、濃厚保湿で艶のあるハリ肌へと導きます。
しっかり肌を保水し、お肌に水分をとどめます。 詳しくはこちら▶︎

ニキビ改善にはこんなことも要注意!

ニキビは一度できてしまうと厄介なもの。
スキンケア以外にもニキビ改善に大事なポイントがあるので、気をつけてみましょう。

・お肌を刺激しない

ニキビを改善するにはお肌のバリア機能を低下させないことが大切です。
もしもこんな癖がある方は、知らず識らずのうちにお肌を刺激してバリア機能を損なっているかもしれません。

  • ゴシゴシ洗顔する
  • 熱いお湯で洗顔している
  • 保湿の時にパッティングしている
  • 顔を触る癖がある
  • ニキビを潰している
  • 爪で顔を掻いている

顔はなるべく素手で触らないようにし、必要最低限にとどめてください。
洗顔の時も、たっぷりの泡を使い、手が皮膚に触れないようにします。


また意外と多いのが顔を無意識で触る癖。
頬杖や鼻や顎に触れる人も多いですよね。
花粉の季節は肌がかゆくなり、つい掻いてしまいますがなるべく掻かないように。
どうしても我慢できないときは、清潔なコットンを濡らして皮膚を冷やすなどをしてしのぎましょう。

・生活習慣を改善

睡眠不足や栄養の偏った食事なども、肌荒れやゆらぎ肌を招く要因になります。
花粉症にも睡眠不足は悪影響を及ぼすと言われています。
規則正しい生活が美容にも大切です。

・化粧品が刺激の可能性も

普段使っている化粧品でも、ゆらぎ肌やニキビ肌には刺激が強すぎる可能性もあります。
荒れているお肌に使う化粧品は、刺激が弱いものを使用した方が安心です。
ニキビは隠したくなりますが、ニキビにファンデーションなどをつけることで余計に悪化させている可能性もあります。

ゆらぎ肌、ニキビにおすすめのスキンケア商品

とても敏感な状態になっているゆらぎ肌には、お肌に優しい刺激の少ないスキンケア商品がおすすめです。
アルコールや余分な添加物の入っていないものがいいでしょう。

ゆらぎ肌でニキビが!スキンケアで改善しよう

【初回限定】はじめてセット (ミニ洗顔石鹸&ミニ美容化粧液R)
敏感肌もデリケート肌も安心。
ハリと透明感のある素肌へ。
セット内容・当社リピート率 No. 1 美容洗顔石鹸LJミニモイストバー(約20g)1個・当社人気 No. 1 美容化粧液LJミニモイストバランスR(約30mL)1本 ・泡立てネット