たまには42℃洗顔法で若返る?!

みなさん、ヒートショックプロテイン(HSP)というのをご存知でしょうか?

HSPは傷ついた細胞を修復してくれるタンパク質で、
美肌づくりのお手伝いもしてくれると言われています。

実はこのHSPは熱などのさまざまなストレスを受けると、細胞を守ろうとして生まれます。そして、コラーゲンやエラスチンを生産するのを助けることで、シワ、シミ、たるみを防ぐ効果が期待できるのだとか。

ただし、頻度が多いと肌には負担がかかるので、この洗顔方法は週1回程度に抑えましょう。


<ヒートショックプロテインを増やす42℃洗顔法> 
くれぐれも火傷をしないように注意してください。

  • 42℃のお湯を用意します。(お風呂の浴槽のお湯くらいの温度です。)
  • 3分間ほど、下から上と、顔をマッサージするようにお湯をかけ続けます。(洗顔料は使いません。
  • 顔全体がしっかり温まったら、42℃のお湯で蒸しタオルをつくります。タオルで顔をおおって、23分保温します。
  • タオルを外したら、すぐに保湿ケアをします。浴びるように美容化粧液を優しく、丁寧につけてください。

熱いお湯での洗顔はHSPを増やしてくれますが、その反面、肌のうるおいを多く奪ってしまうので、洗顔後はいつも以上にしっかり保湿を行うことが大切です。

肌も心も時々刺激を与えることで、リフレッシュして元気になります。

ただ、やりすぎは禁物。

普段の毎日の洗顔は38℃ぐらいのぬるま湯で美容洗顔石鹸を使いダブル洗顔がおすすめです。

ぜひお試しくださいね!